食と農人材育成センター

邑南町の観光振興と産業の発展を目指して

邑南町の生産品を利用した商品の開発と販売や、食と農の人材育成を通じ、
町の観光振興及び産業の発展に寄与することを目的とし、その目的に資するため事業を行います。
  • 食の学校
    1.食の学校の運営
    「100年先の子どもたちに伝える邑南町の食文化」をコンセプトに食文化の発展と継承を目指しています。
  • 農業
    2.農に関わる事業
    「稼げる農業」を目指す起業家の育成を通して、有機農業の普及を推進します。
  • 地域おこし協力隊
    3.地域おこし協力隊の受け入れ
    料理人を目指す「耕すシェフ」、有機栽培での就農を志す「アグリ男子・女子」。必要に応じた研修を通して、A級グルメのまちの未来を担う人材の育成をするとともに地域産業の発展を目指しています。
  • 研修の様子
    4.視察の受け入れ
    邑南町の取り組みを知りたい方に向けて邑南町の視察、研修会を受け付けています。

1.食の学校の運営

「100年先の子どもたちに伝える邑南町の食文化」をコンセプトに食文化の発展と継承を目指しています。
  • 目的
    [1]食農教育
    邑南町の農業と食文化を100年先の子どもたちに伝承するための食農教育の実習

    [2] 6次産業化
    6次産業化の推進に向けた邑南町の食材の活用策の研究・新商品の開発及びテストマーケティング

    [3]ビレッジプライド
    住民が食を通じてビレッジプライドを再確認できる場の創出

    [4]町の魅力創造
    邑南町の農業と食文化の魅力の洗い出し及び情報整理
  • 事業
    [1]料理教室の実施(通年/単発)
    本年度の講座内容(PDF)

    [2]オーダー料理教室(出張含む)

    [3]施設の貸出
    施設利用料金表(PDF)
    施設予定カレンダー(外部リンク)

    【申込み・ご依頼】
    ⇒TEL.0855-97-0050
    受付時間 平日9:00~17:00
    お問合せフォーム
食の学校
食の学校

食と農人材育成センターが運営する学校です。食農教育、6次産業化、ビレッジプライド、町の魅力創造の発信拠点です。

料理教室
通年講座・料理教室

キッズシェフ、洋食、ふるさと料理、和食など様々な食を学ぶ講座を開催しています。

本年度の講座内容(PDF)

ミルクジャム
商品開発実績

食の学校では、邑南町の食材を生かした新商品の開発、テストマーケティングを行っています。

2.農に関わる事業

「稼げる農業」を目指す起業家の育成を通して、有機農業の普及を推進します。
  • 目的
    [1]有機農業の普及
    邑南町の主要産業である農業の継承と付加価値向上

    [2]農業起業家の育成
    就農、農業での起業を目指した稼げる農業の実践

    [3]町の魅力創造
    農業・農産物を通じた町内外への魅力発信

    [4]6次産業化 
    農産物を利用した加工品の開発及びマーケティング
  • 事業
    [1]農の学校でのアグリ男子・女子の農業研修

    [2]ふれあい体験農園での実験圃場

    [3]香楽マルシェでの販売実習

農の学校
農の学校・産業体験

JOFA(日本有機農業普及協会)が運営する学校です。農業を変革するBLOF理論を実践、稼げる農業を目指しています。また、農業技術経営者の育成(BLOF理論を取得)を行っています。

また、邑南町は地元の和牛、豚、地鶏ブランドがあり、畜産農家がおられます。昨今人気のある肉牛の飼育を学ぶことができます。

農業
ふれあい体験農園

邑南町役場が管理する体験農園。 町から委託を受け食と農人材育成センターが管理しています。

ふれあい体験農園では、圃場を区画借地として、近県の飲食店関係者に借りてもらい、植付や収穫体験を実施するとともに、BLOF理論を用いて栽培した野菜のモニタリングを行いながら販路の拡大をすすめていきます。

香楽マルシェ
香楽マルシェ

香木の森公園にあるマルシェ。 有機無農薬栽培された野菜や加工品を中心に販売しています。

店頭での販売研修では、自分たちが作った野菜を直売することで、お客様の生の声を聞き消費者が今何を求めているのか学ぶことができます。

BLOF理論とは BLOF理論とは、「Bio Logical Farming」の略で「生態系調和型農業理論」のことです。有機栽培における肥料を3つのカテゴリーに分けて、それぞれの植物生理に対する役割を科学的に明確化し、圃場の土壌分析をして施肥量と施肥方法を論理的に決定していく栽培方法です。
BLOF理論を用いて栽培された野菜は、糖度、ビタミンとともに抗酸化力が高く、にがみ、えぐみのもととなる硝酸イオンの数値が低くなることが実証されています。また、付加価値となる栄養価の高さだけでなく、1反あたりの収穫量の増加も見込めることから、稼げる農業として近年、全国でも生産者が増加しています。

 

3.地域おこし協力隊の受け入れ

研修生を受け入れ、研修を通してA級グルメのまちの未来を担う人材の育成をするとともに地域産業の発展を目指しています。

  • 【耕すシェフ】
    耕すシェフ
    若手の料理愛好家やシェフを対象に起業を目的に育成する研修制度(最長3年)です。
    ※研修期間中は、報償金が出ます

    イタリアンレストランを拠点に、農産物等の栽培、加工や提供などの全般的な研修を行います。

    [受入実績] ※H29年9月1日時点
    実施年度:H23年~
    受入人数:33人
    現研修生:10人
    起業実績:5人(活動中の起業も含む)
    起業予定:2人
    耕すシェフ
  • 【アグリ男子・女子】
    アグリ男子・女子
    農業に興味のある方、農家の方を対象に有機農業家の育成を目的とした研修制度(最長3年)です。
    ※研修期間中は、報償金が出ます

    農の学校での有機農業実習およびマルシェでの販売実習等を行います。

    [受入実績] ※H29年9月1日時点
    実施年度:H26年~
    受入人数:5人
    現研修生:4人
    就農実績:1人

    アグリ男子・女子

研修から起業しました!

邑南町の地域おこし協力隊の研修を経て起業・就農した先輩を一部紹介します
  • 【てらだのぱん】
    てらだのぱん
    氏名:寺田真也(第6期生 平成28年4月に来町)

    店舗名:てらだのぱん(パン屋)

    オープン日:平成29年10月14日

    コメント:20歳のころからカフェを開きたいという夢をもって専門学校で学び、耕すシェフとして邑南町に来る前は、パン屋やケーキ屋で働いていました。今住んでいるところで空き店舗を活用してパン屋を作ってほしいという地元の声があり、自治体の応援や協力をいただいて起業を決意しました。地元の食材を生かした地元ならではのパンをつくり、地元の方に愛されるお店にしたいと思っています。
    また、今後はパン屋から幅を広げてカフェを運営し、自分の夢を叶えたい!
    てらだのぱん
  • 【瑞穂ふくのや】
    瑞穂ふくのや
    氏名:伊藤雅規(第4期生 平成27年1月に来町)

    店舗名:瑞穂ふくのや(そば屋)

    オープン日:平成29年1月20日

    コメント:耕すシェとして夫婦で邑南町にやってきました。食の学校でそば講座を受講してからその奥深さに魅せられ、そばの道へ。当時の講師の方を師とし、修行した後に住んでいる市木地域の応援をいただいて邑南町で起業しました。そば屋を経営することで遠方からお客様も来られるし、地元でそばの栽培が増えてきています。地元の方々と協力しながら邑南町をそばどころの町にしていきたいと考えています。ま た、邑南町に来てから子どもも2人授かり、楽しく過ごしています。
    瑞穂ふくのや

4.視察の受け入れ

邑南町の取り組みについて現場を見ながらご紹介いたします。

研修の様子 【研修内容】
・邑南町の取り組みについての講話、質疑応答
・耕すシェフ、アグリ男女の研修場所の見学
・その他、ご要望に応じて対応いたします

【研修料金】 ※研修資料代として
3,000円 / 人 

【申込み・ご依頼】
TEL.0855-97-0050
受付時間 平日9:00~17:00
お問合せフォーム

 

お問い合わせ

ご相談、お申し込み等、お気軽にお問合せください。

【所在】 〒696-0104 島根県邑智郡邑南町日和1019-3

【連絡先】 TEL.0855-97-0050(受付時間 平日9:00~17:00) FAX. 0855-97-0050

お問い合わせフォーム

下記お問い合わせフォームにご入力いただき、送信をお願いします。 お問い合わせ内容を確認後、担当者からご連絡させていただきます。

名前Your Name
メールアドレスMail Address
メールアドレス
(確認用)Mail Address Confirm
電話番号Phone Number
お問い合わせの種類Inquiry Kind
お問い合わせの内容Mail Contents

page top